忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 16:14 】 |
ホームページ作成中古車 渋谷で黒坂圭太監督映画「緑子」-製作10年、色鉛筆画3万枚以上 /東京
渋谷・宇田川町のシアター「アップリンクX」(渋谷区宇田川町、TEL 03-6825-5502)で9月24日、黒坂圭太監督のアニメーション映画「緑子/MIDORI-KO」の公開が始まった。(シブヤ経済新聞)

 1956(昭和31)年東京都生まれの黒坂さん。1984(昭和59)年から自主製作映画を撮り始め、膨大な壁の写真を音符に見立て「作曲するように」構成した抽象アニメーション「変形作曲第2番」(1984年)で監督デビュー。同作は「ぴあフィルムフェスティバル」に入選した。代表作は、「みみず物語」(1989年)、「個人都市」(1990年)、「パパが飛んだ朝」(1997年)など。武蔵野美術大学映像学科教授を務めるほか、即興アニメやペインティングなどのライブ公演、ロック・バンドDir en grayのPV演出を手掛けるなど幅広く活動している。

 10年の歳月を掛け、色鉛筆による3万枚以上の動画を描き、監督から脚本、絵コンテ、撮影、編集まで黒坂さんが手掛けた同作。再開発が進む商店街の廃虚内「秘密研究所」で5人の科学者たちが来るべき食糧危機に備えて、野菜と肉を兼ねた「夢の食物」の開発に取り組んでいた。ある晩、研究所に1万年に一度だけ地上を照らす「マンテーニャの星」の力によって夢の食べ物「MIDORI-KO」が誕生するも、食われることを拒否した「MIDORI-KO」は研究所を脱走してしまった。「MIDORI-KO」をめぐって科学者たちと、「MIDORI-KO」を飼育する大学農学部研究生のミドリ、食おうと狙うアパートの住民たちによる争奪戦が繰り広げられる。

 同所では10月7日まで、「変形作品第2番」「海の唄」、1「変形作品第3番」などの作品を特別上映するほか、「個人都市」「みみず物語」などの短編アニメーション映画のビデオ上映、黒坂さんとゲストによるトークイベントなども予定する。上映スケジュールなどは公式ホームページで確認できる。

 鑑賞料は、一般=1,400円、学生・シニア・リピーター=1,000円 ホームページ作成株式会社杉山システム
PR
【2011/10/17 13:59 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ホームページ作成中古車 初めてのYahoo!ブックストア――ストアの概要からビューワまで | ホーム | 中古車ホームページ作成 暗闇の中の対話「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」横浜初開催 /神奈川>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>